Lazy Diary @ Hatena Blog

PowerShell / Java / miscellaneous things about software development, Tips & Gochas. CC BY-SA 4.0/Apache License 2.0

文化的まちがいさがし

新幹線の「〇〇新聞ニュース」

新幹線のドアの下に流れてる「〇〇新聞ニュース」が、同じ内容を2度流すのは、 (A) 一度目に流れていた内容を途中から読んだ人でも、そのまま見続けていれば読めなかった内容が読めるから。 (B) 文字の流れが速すぎて、一度では読めないから。 (A)とばかり思…

「定量的な数値」とは何か

(A) 第三者が何らかの方法で計測できる数値を指して「定量的な数値」と言う。 (B) 第三者が何らかの方法で計測できる数値の中でも、ものごとの量を表す数値を指して「定量的な数値」と言う。 たとえば、生産効率や不良率は(A)、生産量や作業時間は(B)にあた…

労働と挨拶のどちらが大切か

(A) 挨拶より労働の方が大切。 (B) 挨拶と労働が同じくらい大切。 (C) 労働より挨拶よ方が大切。 中井久夫「治療文化論」p.104より引用。 東京においては「あいさつ」のできることが、「はたらくこと」と並んでかなり重要であり、名古屋においては「あいさつ…

学校で習う漢字の書き順はどう決まったのか

私の母は「自分(母)が学校で習った内容とは、漢字の書き順からして違ってたから、変なこと教えちゃいけないと思って」私に勉強を教えることはなかった。じゃぁ学校で習う漢字の書き順はどう決まったのか?という話。 学校で習う漢字の書き順は、文部省「筆…

「おサイダー」の話

「日本人の知らない日本語」に、外来語の名詞で頭に「お」がついて丁寧語になるもの……と聞かれて「おビール」と答えるくだりがあった。「おビール」は水商売でよく使う言葉だからやめなさい……みたいな話だったと記憶している。妻に同じ質問をしてみて、帰っ…

姓名の表記順序の変更有無

日本と同じく名前が「姓・名」の順で並ぶ文化圏としては、中国やハンガリーなどがある。で、そういう土地の人が「名・姓」の順の文化圏でどう呼ばれるか、という話。 思いつく範囲内では、どうもバラバラのように見えるるんだけど、なにかルールがあったりす…

文化的まちがいさがし - 読書週間の有無

(A) 読書週間がある。 (B) 読書週間がない。 三分間スピーチ同様、読書週間って全国的な運動だと思ってたんだけど(だからこそ「読書週間にゲームブックを持ってくる奴」とか「ライトノベルを読むのは読書かどうかで先生とバトルする奴」みたいな話があるあ…

文化的まちがいさがし - 七五三の有無

(A) 七五三がある。男の子でも女の子でも、7歳だろうが5歳だろうが3歳だろうが祝ってよい。 (B) 七五三がない。 スタジオアリスの頑張りもあってか、2018年現在の関東では七五三の標準化が進んでいて、男の子なら5歳・女の子なら3歳と7歳を祝うとされている…

文化的まちがいさがし - 子供は独立した個人か

(A) 子供をあるがままに、独立した個として認める。あるがままに認めるがために、乳幼児の知能を犬やイルカと同程度と考えることを厭わない。 (B) 子供を大人に従属する存在と考える。大人に従属する存在であるがゆえに、乳幼児の知能を犬やイルカと同程度と…

文化的まちがいさがし - 学校で日本語をいちから教えるか

(A) 日本語のリスニング・リーディング・スピーキング・ライティングはすべて小学校でいちから教えてくれないと困る。母語が日本語でない人に限らず、母語が方言だったり、日常の知識は口伝という土地の人もいるから。 (B) 日本語のリスニング・リーディング…

文化的まちがいさがし - 三分間スピーチ

(A) 学校に三分間スピーチがある文化。初めて三分間スピーチをやったのは小学校高学年くらい。 (B) 学校に三分間スピーチがない文化。社会人になって、初めて三分間スピーチというものを知った。 私は(A)だったこともあって、The peanutsのshow and tellのエ…

文化的まちがいさがし - 学校の先生の口伝は大切な話か余談か

(A) 先生が教科書に書いてないことを話しているのは、教科書だけでは分かりにくいところを教えてくれているから。だから、教科書に書いてないところをちゃんと聞くのが大切。 (B) 先生が教科書に書いていないことを話しているけど、教科書に書いてないから、…

文化的まちがいさがし - 知識の価値はどこにあるか

(A) 「何を覚えて、何を理解しているか」より、「どの本のどこに何が書いてあったか覚えている」方が重要。人の記憶なんていい加減なものだし、自分の理解だって怪しいものだ。どこに書いてあったか分からないと、自分が成長してから内容を見直すことができ…

文化的まちがいさがし - 子供にとって学校とは

(A) 子供にとって学校が社会の全てである文化。ギャングエイジもちゃんとある。学校で孤立することは社会的死を意味する。 (B) 学校が大人の社会に組み込まれていて、子供にとって学校は社会の一部でしかない世界。人口密度が低すぎたりして「子供社会」が形…

文化的まちがいさがし - 「しなくていい」の意味

(A) 日本語の「しなくていい」はdon’t have to、「してはいけない」はmust notを意味する文化。 (B) 日本語の「しなくていい」と「してはいけない」に区別がなく、どちらもmust notを意味する文化。 私の中学校の先生はdon’t have toとmust notの違いを上記(…

暑中見舞いの宿題

(A) 夏休みに「先生に書中見舞いのハガキを出すこと」という宿題がある地域。ハガキはかもめーるを使用する。親から「早く書かないと残暑見舞いになっちゃうよ!」などと急かされる。 (B) 書中見舞いの宿題が存在しない地域。書中見舞いを書かないので、かも…

しゃがんで物を食べる

(A) しゃがんで物を食べるよりは、立食いの方がまだ行儀がいい。 (B) 立食いよりは、しゃがんで物を食べる方がまだ行儀がいい。 コンビニの前でヤンキーがしゃがんで菓子パンをかじっている、といった風景が日常的に見られる環境では(A)、そうでない環境では…

教養とは?

(A) 教養とは、文化に関する知識のこと。 (B) 教養とは、立ち居振る舞いのこと。 初めて(B)を聞いたとき、それは「品格」のことでは……と思ったんだけど、実際「教養」という言葉が(B)の意味でしか通用しない社会、多いのではという気がする。

藤と葛

(A) 世界の侵略的外来種ワースト100に載ってるクズのことを葛と呼ぶ。 (B) 世界の侵略的外来種ワースト100に載ってるクズのことを藤と呼ぶ。 生物の同定って難しいよね、という話。

小さな生き物を使った「実験」

(A) 子供が小さな生き物を「実験台」にして遊ぶのは、よくあることだし実験や科学的な知識に興味を持たせるのによい、という考え方。 (B) 生き物を「実験台」にするのは残酷で、許されることではない、という考え方。 たとえば私の地元は(A)の考え方で、友人…

お金の使いかた

(A) 「1円でも多く貯めておけ」という考え方。 (B) 「ここで使っとかないと使うときがないぞ」という考え方。 私の育った家は(A)の文化でした。私の育った地域には「買い初め」という文化が存在せず、かつ交通の便がよい場所で、自動車で30分〜1時間も行けば…

人から話を振られたときの「えーと」の意味

(A) 何か打ち合わせをするときに、わざわざ前もって「頭出しのための打ち合わせ」を行う文化。打ち合わせの中で質問を受けたときに「えーと」と発言しても問題ない(論点を整理しようとしてるんだろう、くらいにしか思われない)。 (B) 打ち合わせの場でもな…

小さいうちの自然との触れ合いかた

英語を学ぶことをもって異文化コミュニケーションとか言うことがあるけど、言語以外の異文化っていっぱいあるよ、という話。 (A) 小さいうちは自然に触れ合って遊ぶのが良い、という考え方。小学校で「校区の良いところは?」と先生が聞くと、「緑が多いとこ…