Lazy Diary @ Hatena Blog

PowerShell / Java / miscellaneous things about software development, Tips & Gochas. CC BY-SA 4.0/Apache License 2.0

日本のSIer的なソフトウェア工学が必要とされる前提条件

以下のような前提条件が満たされると、日本のSIer的なソフトウェア工学の有用性が高くなるのかな?という想像。

  • 解雇規制が強い(↔カリフォルニア州の雇用法。突然の解雇が合法 *1
  • 雇用の流動性が低い(↔エストニア等で高い。アメリカは中位で、日本は非常に低い *2
  • 派遣法や類似の法律で、派遣労働者の能力に対する責任を派遣元事業主が負う(ここは調べたけど分からなかった)
  • ソフトウェアが無形固定資産になる(これは米国基準でも同じみたい *3
  • ソフトウェアの内製が多い(↔ソフトウェア開発者の所属企業の偏りによる推測。*4
  • 企業会計に継続性原則がある(↔IFRS *5
  • 会計や税務に関して規制当局の力が強い
  • 主な契約決定方法が競争入札
  • Fixed Firm Price(請負契約)による契約が多く、それ以外の契約方法のハードルが高い
  • 受入検査を行う調達部門の独立性が高く、発注内容の変更が認められにくい

あと、コストセンタとプロフィットセンタが部署として分かれているとか、ジョブディスクリプションの文化が薄いとかもあるかもしれないけど、どのくらい寄与しているかはいずれにせよ分かりません。