Lazy Diary @ Hatena Blog

PowerShell / Java / miscellaneous things about software development, Tips & Gochas. CC BY-SA 4.0/Apache License 2.0

各府省のデジタル・ガバメント中長期計画におけるJIS X 0213の採用状況

日本では、平成29年に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」を受けて、「デジタル・ガバメント推進方針」というものが定められており、各府省ではその内容を具体化した「デジタル・ガバメント中長期計画」というものを定めています。

www.kantei.go.jp

世界最先端IT国家創造宣言にあった「文字情報基盤の活用」は、各府省のデジタル・ガバメント中長期計画においては「JIS X 0213の採用」という形で表現されているようです。

ただ、デジタル・ガバメント中長期計画は各府省で決めている内容なので、JIS X 0213について書くか書かないかは府省によって異なります。そこで、JIS X 0213に関する記述があるかの表を作ってみました。

府省の記載順は、首相官邸「デジタル・ガバメント実行計画について」のページにある表の順に沿っています。

令和2年3月31日時点でデジタル・ガバメント中長期計画にJIS X 0213の記述があるのは

で、23府省中6府省(26%)でした。

府省 令和2年3月31日時点 平成30年6月29日時点
内閣官房
内閣法制局
人事院
内閣府
宮内庁
公正取引委員会
警察庁
個人情報保護委員会
カジノ管理委員会
金融庁
消費者庁
復興庁
総務省
法務省
外務省
財務省
文部科学省
厚生労働省
農林水産省
経済産業省
国土交通省
環境省
防衛省
合計 6/23府省(26%) 5/22府省(23%)
  • 経産省IPAの所管元だし、国交省は地名でJIS第3・第4水準の文字を使うだろうから自然な流れですね。
  • 警察庁は、令和2年時点でJIS X 0213の話が追加されました(平成30年時点では触れていなかった)。否認防止のために容疑者の氏名の記載字を戸籍等と揃えたりとかが必要だろうから、むしろ平成30年時点で書いていなかったのがちょっと不思議です。外字領域をフル活用していたか、あるいは紙の資料で頑張っていたのかもしれません。
  • 公正取引委員会個人情報保護委員会消費者庁については理由がちょっと謎です。個人の氏名そのものの厳密性を問われる業務があるんだろうか?
  • 総務省は住基統一文字、法務省は登記統一文字と戸籍統一文字を持っていますが、いずれもJIS X 0213に関する記述なし。住基・登記・戸籍の統一文字セットはまだしばらく併存するんだろうか……
  • 日本年金機構は「社会保険フォント」という独自フォントを持っています*1厚労省JIS X 0213に関する記述がないので、社会保険フォントもしばらく生き残るのかな。